トップメッセージ

ホーム > 会社概要 > トップメッセージ

消費者の視線を忘れない姿勢とプロとしての技術。 ダイハナ代表取締役社長、花澤雅人が語る理念とビジョン。

旧来の製茶問屋からの脱却、独自のビジネスチャンスへ

私の実家の家業は花澤商店という製茶問屋でしたが、私は銀行員でした。
静岡に帰ってきて最初に家業に入ったとき、茶業界では早いスタートではありませんでしたが、他業界にいた強みを活かすべく、職人の道を追及しながらも、お客様の立場からものを見るように心がけました。
プロでも消費者の目を持ち続けたいと思ったからです。

その目から茶業界のしきたり・習慣などが非常に閉鎖的であると感じました。
現在茶業界はペットボトルのお茶を初め各種ドリンクの大きな激流の中に巻き込まれてしまっています。古来の茶文化は守らなければなりませんが、そこに伝わる技と心を使って、より一層安心安全で良質な商品を研究・開発・提供ができるはずです。

私たちは、緑茶だけにとらわれず、健康茶からハーブティーまでさまざまなお茶で市場開拓、需要の喚起をしていきます。このスタンスこそが、消費者に新しい付加価値を提供し、当社のオリジナリティーに基づくビジネスチャンスがあると思って いるからです。

ダイハナ設立、そしてオリジナル商品・本格焙煎おから茶の開発

元銀行員という経歴で飛び込んだ茶業界では、その経歴からか緑茶に関わらずさまざまな情報や同業者からの相談が集まりました。その中で現在ダイハナ取締役の藤田と出会い、沖縄の健康茶の委託加工事業が始まったのです。そしてこの事業がダイハナ発足のきっかけになりました。

ダイハナは、旧来の製茶問屋の常識では考えられない『ファブレス(工場を持たない)』委託加工のスタイルを確立しました。社外にさまざまなノウハウを持った加工業者をネットワーク化し、委託を希望する企業様に対し、最適な提案ができることが強みなのです。

今の技術があれば、基本的にはどんな植物・果実などもお茶にできます。

委託加工からスタートしたダイハナの事業ですが、やがて本格焙煎おから茶の開発を通じ、オリジナル商品の企画・製造へも領域を広げていきました。
OEM製造を続ける中で、自分たちも販売者として小売を行い、消費者の感覚を直に知る必要を感じたためです。

そして5年位前に、「おから」という素材に着目し、おから茶の開発がスタートしました。当初は失敗の連続でした。しかしその失敗の中でも、香ばしくておいしいお茶になるだろうという確信はありました。特に難かったのがおからの焙煎ですが、茶業を通じて培った技術と経験より、ドラム式直火焙煎にこだわりながらも他社ではマネのできない焙煎に仕上がったと思っております。

一般消費者、そして取引先企業へ提供する価値

昨今、利益を追求するが故に消費者を軽視し、賞味期限や原料を偽ったり捏造された情報を流したりするような信念のない事件が多発しています。生産者自身の道徳観の希薄さからトレーサビリティやポジティブリストといった仕組みが構築されてきていますが、証明書や規定の企画だけでは信憑性が計れないことも事実です。

消費者に商品を提供する以上、安心安全をどこまで製造者である私達が自信を持って薦められるか、効果効能があるのならば学術的なものを引用するのではなく実際の商品を分析したデータを出せるか、など自身の信念に基づく商品でなければならないと思っております。

当社は、初代花澤竹次郎が創業して以来の家訓を、ダイハナの経営理念として引き継ぎ、お客様にお約束しています。

一、決して人を騙すような商品を売ってはいけない 一、素材にこだわり生産にこだわる 一、自己満足といわれようが納得したものしかお売りしない

この信念は、卸販売・委託加工をご提案する取引先企業様に対しても、商品開発・加工技術のノウハウとしてご提供してまいります。

今後のビジョン、可能性

消費者に提供できる新しいお茶の付加価値はまだまだあると思います。

本格焙煎おから茶など素材を新たにする方法、そしてお茶自体の形を変え、飲む以外の楽しみ方を提供する方法です。
ダイハナはこの新しい試みに積極的にチャレンジしていきます。
すでにおから茶を粉末にしたスイーツや調味料の開発などは着手済みです。

そしてそれら開発商品を通じ、消費者の反応を確かめるためのインターネットショッピングサイトも開設しています。
ここで得る情報やデータを、自社商品の開発&トライアルに反映させたり、取引先への提案に活かしたりしています。

私たちの、この取り組みが業界に新しい可能性として受け入れられ、意識改革・発展に繋がることが最終的な目標であります。

ページの先頭へ

オリジナル商品
委託加工
小売店・事業者様へ

卸売・商品企画など、お気軽にご相談ください。日中は担当者が外出していることが多いため、メールにてお問い合わせをお願いいたします。

ウェブサイトからのお問い合わせ・見積依頼はこちらから

電話番号 054-646-0456 受付時間 平日 9時から18時まで FAX 054-646-0463 E-mail・FAXは翌営業日中にご回答いたします。